本文へスキップ
 
 VETは獣医学部受験を専門とする
 全国初の予備校です。


国立獣医学部の場合


 入学金 授業料(年額)   初年度納入金 6年間総額 
 282,000円 535,800円  817,800円   3,496,800円

私立獣医学部の場合

「酪農学園大学」
入学金 授業料  実学充実費  諸会費  初年度納入金  6年間総額
 300,000  940,000  160,000 47,500  1,447,500  12,899,500 

「北里大学」
入学金 授業料  施設費  初年度納入金  6年間総額
 300,000  1,500,000  530,000 2,330,000  12,480,000 

「日本大学」
入学金 授業料 施設費 実習費 初年度納入金  6年間総額
260,000 1, 500,000 350,000 300,000  2,410,000 13,160,000 

「日本獣医生命科学大学」
入学金 授業料  施設拡充費
+ 
教育充実費 
実習費  初年度納入金  6年間総額
250,000  1,300,000  720,000 200,000  2,470,000 13,570,000 

「麻布大学」
入学金 授業料  施設費
 + 
教育充実費 
実習費 
+
諸会費
初年度納入金  6年間総額
250,000  1,250,000  700,000 277,740  2,477,740 13,312,740 

結論
私立大学と国立大学では6年間で総額950万円もの差があります。さらに自宅から通える国立大学(私立は関東にしかありませんが国立は全国に11ヶ所あります。)に入学できたなら、下宿費が年間120万円(1ヶ月10万円で生活したとして)、6年間で720万円を得します。
つまり高1から準備をすることで自宅から通学できる国立大学に合格できたなら、約1670万円も得することができるのです。

費用の面で国立を志望する方は大変多いのですが、これだけの金銭的メリットがありますので国立大学の難易度は相当高いです。だから、これだけはご理解していただきたいのは国立大学は受験勉強開始から1年や2年では絶対に合格できません。だからこそ早期の準備が必要不可欠です。

 攻略① 志望大学の早期決定   攻略② 英数理に力を注ぐ
   
攻略③ オープンキャンパスに行く  攻略④ 推薦入試は圧倒的に有利