本文へスキップ

推薦直前対策講座
新型コロナウイルスの状況下で推薦対策の学習が遅れていて、不安を抱えている受験生のための特別講座を実施します。




日本獣医生命科学大学は「小論文」と「面接」を重視
日本獣医生命科学大学は「書類」「面接」「小論文」「基礎学力テスト」で合否を判定しています。この中でも特に小論文と面接を重視しています。
また、面接では10分間でかなり密度の濃い質問をされます。2020年度入試を受験した生徒からの聞き取りで分かった質問内容を以下にあげていきます。



かなり深い自己分析・最新の獣医療ニュースに関心を持った上で自分の意見をしっかり述べる必要があります。志望理由も特に「なぜ日獣なのか」というところを志望理由書を書く段階でしっかり掘り下げておきましょう。また、単なる一問一答方式ではなく、試験管との会話のやりとり・質問のやり取りが求められますので、知識を自分の言葉で論理立て説明できることも重要です。




試験中にこんな状況になったらどうしますか?日獣の面接はこのような形で解答した内容に対して、どんどん話が膨らんでいくようなタイプの面接なので、自前準備がともかく重要です。


【小論文について】
2020年度入試の小論文は「動物園は必要か?」という短い問題ですが、奥が深いテーマで60分、400文字で答えなければいけません。いろいろな立場で考えることや、自分の主張をはっきりさせることが非常に大切です。


【学科試験について】
日獣の推薦入試は過去問が存在しません。したがってVETでは過去の受験者から聞き取りを行って再現問題を作成し、それを元に対策をしています。






麻布対策では後継者推薦入試の「学士特別入試」にも完全対応

これまで「基礎学力テスト」「小論文」「面接」で合否を判定していました。しかし2021年度入試から「面接」が「口頭試問」に変更になります。口頭試問になることで、より深く獣医療に関する専門知識が問われることが予想されます。







口頭試問になったとしても志望理由書をしっかり書き上げて、自分の考え・主張をはっきりさせ獣医療の専門知識についても見識を深めていく必要があります。
【小論文について】

麻布大学の獣医学部の小論文は課題文を読んで、論じる形式が多いです。
2020年度入試では「AIと獣医療」がテーマでしたが、VETの推薦入試対策講座で扱った「人間じゃないとできない獣医療はなんだろう?」という題材が見事に的中しました。
このように、獣医療で話題になっているテーマを中心にしてVETでは小論文対策をしています。ちなみに獣医療で頻繁に扱われる、動物実験の理念である「3Rの原則」というものをご存じでしょうか。こちら最近では「5R(5つの自由)」の方が重んじられることも多いです。このような最新知識もVETならではの情報網で情報を手に入れています。


【学科試験について】

麻布大学の推薦入試は試験問題を持ち帰れないため過去問が存在しません。しかしVETでは受験者からの聞き取りから再現問題を作成し対策を実施しています。また、予想問題も作成し、テストを実施することで学科試験で高得点を取れる指導を行っています。


【実際に出題された問題】


【VETの予想問題集より】



麻布大学の推薦入試問題は一定の傾向があります。長年の聞き取り調査によりその傾向が顕著にわかっているので、的確な学科指導を実現しています。




日大推薦対策では2020年度7名中7名全員が獣医に合格



VETの日本大学推薦対策は、毎年絶大な効果を発揮しており、2019年度の生徒は現役生・既卒生あわせて7名中7名が日本大学の獣医に合格しています。
日本大学の推薦入試は「書類」「基礎学力テスト」「面接」で合否を判定しています。VETでは書類の正しい書き方、基礎学力テストでは受験生が一番困る、国語に力をいれて指導しています。これらの入念な準備もあってみなさん合格されています。推薦入試は試験までの入念な準備がすべてです。

【書類について】
日本大学の志望理由書で聞かれる内容は決まっています。
「学術・文化・スポーツ活動等の実績及び動物飼育や植物栽培などの経験について(その内容・活動期間等及びその経験から得られたことなどを具体的に記入すること)」これだけです。しかし非常に簡単な質問ですが、A4用紙まるまる1枚分に上記の内容を盛り込まなければならず作成は非常に時間がかかります。
特に日大の志望理由を書く上での「ポイント」を外してしまうとありきたりな内容であったり、的を射ていない内容になってしまったりしています。なので、構成を考えながら何度も添削指導を受けて考えることが必須となります。







このように、自分の過去のことや将来のこと、獣医療の専門的な知識についても深く聞かれます。なので高等学校での面接対策では、獣医学科の専門分野における質問や返答の練習はなかなか難しいと思います。
VETでは過去の聞かれたことリストや最新の時事ネタなどの貴重な情報をお伝えし、面接対策ノートを作って知識をインプットしたり、自己分析を行います。この時にVETの先輩たちから代々引き継ぐノートや先輩たちとの面談で情報を生きたものに変えていきます。




【学科試験について】
日本大学の学科試験は他の獣医学部と比べて特殊で受験科目が「英、数、国」になります。以前はオープンキャンパスなどで1年分閲覧することができましたが、近年は見れないこともあるようです。しかし、入試を受験した生徒だけは持ち帰ることができるためVETは過去7年分以上の過去問を持っています。また、それを元に対策テキストを作成し学科対策を行っています。







酪農学園大学は「英語力」が合否を分ける

【小論文(英語)について】


・英語小論文というと英語で書くのではと思っている人も多いようですが、英文を日本語に要約する問題です。英文は250〜300ワード前後のもので、2015年度までは200字から400字まで、年によって変わっていましたが、2016年度から2020年度までは200字の要約がずっと続いています。練習としては200字を想定してやればいいでしょう。

・学校相談会で「難易度は基本レベル」と言われることもあるそうですが、2020年度入試では英検準1級取得者や帰国子女の生徒でも「あまり読めなかった」という感想を口にしていました。過去問の難易度にはバラツキがありますが、難易度が低いものから高いものまで一通りやっておきましょう。ただ、難易度の高いものが出た場合、受験生全員が苦しむのでポイントさえおさえておけば合格点をとることは決して難しくはありません。










酪農学園大学の面接は個人面接スタイルです。中には「豚コレラのワクチン接種についてどう思うか?」などの専門的なことも聞かれる場合もあるので、獣医療の時事的なニュースなどにもしっかり関心を持ち、情報を集め、自分の考えをまとめておくことも重要です。




VETではZOOMを使った双方向型のオンライン授業を4年前から導入しております。オンラインだけの生徒さんも多数合格しており、十分な合格実績がありますので、遠方の方でも安心してオンライン授業を受けていただけます。


受講される方は
電話(06-6629-8007)または、お問合せフォームより「推薦対策パック希望」とお伝えください。